若々しさを保つために必要なのは女性ホルモンの活性化!

エストロゲンは女性ホルモンのひとつとして知られていますが、20代~30代でピークを迎えて40代後半からは急速に分泌が減っていきます。

女性ホルモンが減少すると体にどのような変化が表れるのかご存知ですか?
例えばこのような変化があると考えられています。

・肌の水分量が減り、たるみやシワ、乾燥等を引き起こす。
・毛髪が乾燥し抜け毛が増える。
・ふっくらした女性らしいボディラインが瘦せてくる。

残念ながら女性にとっては目を背けたいことばかりです。
実際に年齢を重ねていくのは仕方のない事ですが、見た目年齢はなるべく若さをキープしていたいですよね。

エストロゲンの分泌は減ってしまいますが、それを活性化させる食べ物を取り入れることで体の中から美しさを生み出すことが出来るかもしれません。
どんな食材が女性ホルモンの活性化に効果がありそうなのか調べてみました。

女性ホルモンを活性化させるといわれる栄養素は主に4つあります。

・ボロン(ホウ素)
ミネラルの一種でエストロゲンの分泌を促してくれます。
キャベツやりんご、プルーンなどに含まれていますのでオヤツ代わりに食べると良いですね。

・たんぱく質
良質なたんぱく質は女性ホルモンを作り出すのに必須です。
動物性たんぱく質である肉類や魚、植物性たんぱく質である豆類をバランスよく食事に取り入れましょう。

・ビタミンE
血行促進を促すビタミンEを取ることで、女性ホルモンを体中へ送り届ける事ができるようになります。
アーモンドやかぼちゃ、アボカドに含まれますのでサラダに加えるのがお勧めです。

・大豆イソフラボン
女性ホルモンとよく似た働きをするので、植物性エストロゲンと言われています。
大豆そのものと大豆食品に含まれています。
豆腐、味噌、納豆、きな粉、豆乳にも含まれているので日本人には馴染みのある食材ばかりで取り入れやすいですね。

普段の食事に少しだけ食材をプラスする事で体の中から若々しさをキープする事が出来そうです!
加齢は悪い事ではありませんが、実際に突き付けられると受け止めたくない時もありますよね。
女性ホルモンのチカラを借りて自分らしくゆっくりと年齢を重ねていけるといいですね。

http://www.scvsaferides.com/